燃えないゴミ。

私の街では、ゴミ分別ルールが厳しくなり、

燃えないゴミ、

粗大ゴミ

の出し方も面倒になった。

 

ゴミを出すためには、事前に予約が必要なのだ。

決まった日に、指定の場所にだす、

という方法ができない。

出すゴミの数、種類等を事前に登録する必要がある。

予約から、実際にゴミが捨てられるようになるまで、

2~3週間、待たなくてはならない。

ということは、ゴミの荷造りした状態の

ものを、2~3週間、どこかにおいておかなければ

いけないのだ・・・

 

狭い家では、非常に、苦痛。

 

ゴミを処理センターに持ち込むならば、

いつでも受け付けてくれるようだが、

これも、半日、時間を失うことになり、耐えがたい。

 

そんなこんなで、悩み続けて、なかなか、

ゴミをまとめることが出来なかったが、

今日、ようやく、予約がとれた。

しかし、モノの種類等、詳細に説明が必要で、

雑多な燃えないゴミを、捨てたい時は、非常に苦痛である。

 

こういうこと自体が、苦手な方や、

年配の方などは、ぼくよりもずっと、悩まれるのではないだろうか?

ゴミハウス製造システムのような気すらする。