実体化

自分はデジタルとの親和性が高い、と思っていた。

確かに、過去、幾度となく、PC等のデジタル機器の不具合の原因を自ら解決した。その中には、業者さんでも解決できないものがあった。

 

ところが、昨今。

自分の仕事や習慣改善についてのデジタルプログラムは、わたしの仕事や習慣をなかなか改善してくれない。デジタルと親和性が高い、とおもっていたのだけど、実際はそうでもなくて、試行錯誤や、観察、違いの発見がうまかっただけなのだろうと、最近は思っている。

 

デジタルとの親和性が低い、

という認識のもと、デジタル化された各種仕組みを、アナログ化というか、実体化、紙ベースに移行してみたら、結構、うまく行っている。

 

実際のところ、

古い本に書かれていた、事務処理の方法を実施したところ、ことのほか、うまくいった。古い本なので、そのやり方は、紙ベースで書かれていた。

しばらくやっているうちに、

「あれ?これ、結局のところ、デジタルで推奨されていた方法と同じじゃないか??」

と気付いた次第である。

 

わたしの学習の基礎は、すべて紙、実体をもつ、モノとの関わりのなかで、培われてきた。脳の思考も、実体を持つモノをベースとする方が、処理しやすいのかもしれない。