読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しい書類、美しいリスト

ある意味、ぼくの仕事は、印刷屋さんと似通っている。最終成果物は、印刷物だ。お客さんの多くは、うちの仕事の本当の品質を判断できない。

 

おそらく、最後にもらった印刷物や、僕の言動、身振り手振り、こんなもので判断していると思う。

 

だから、綺麗な書類、美しい書類をお渡しすることは、我々の品質を誤解されないようにするために必須だと思っている。

紙を綴じる時には、きっちり揃えるし、マーカーを引くときも、定規を使う。印鑑を押してもらう場所には、テンプレートを使って、綺麗な円を描く。

 

今日、書類をお渡ししたら、驚くことをいわれた。

円が綺麗すぎて、どこに印鑑を押したらいいか、わからない。

という意見だ。手書きで、もっと汚く書いて欲しいらしい。

 

少しでも、美しく・・・

と考えてひとつひとつの作業をしてきていた人間にとっては、
「汚くかけ」と言われ、不満をぶつけられるのでは、

なんとも衝撃的な体験だった。

今まで、
「丁寧ですね」「きれいですね」「きちんとしていますね」

という言葉をいただいたことばかりだったのに、
「汚くかけ」だから。。

人の価値観というものは、多彩だと感じた日だった。