永遠はない

ヘッドに横になり、しばし休息。

仕事の山を越え、気分もリラックスしている。

ふと、自分を俯瞰してみると、安堵に満ち溢れ、この安らぎが永遠に続くような錯覚に陥っていることに気づく。

この安らぎは、有限のものなのだ。

短期的には、後7時間もすれば、出掛ける支度をしなくてはならない。重い体にムチ打ち、満員電車に乗り込み、ずっと耐えなくてはならない。

なぜか、そんな日々経験しているような苦痛ですら、すっかり忘れている。

それとも、忘れられるからこそ、なんとか生き続けられているのかもしれない。